よくある質問(2011.03.31更新)
生態毒性予測システムKATEに寄せられた質問に対する回答を記載致しました。問い合わせ前に内容をご確認頂けますようお願い致します。

◆Q1. 構造式情報(SMILES)の機密性は保持されますか?

(1)ログアウトをすると作業ファイルは削除され、サーバーには残りません。ログアウトを忘れた場合には、再度、同じユーザ名でログインし、ログアウトすると作業ファイルは削除されます(KATE on NETマニュアルp19参照)。

作業中にはSMILESが記載されたファイルが作成されていますが、他のユーザがファイルの覗き見をできないように管理されています。ただし、ユーザ名とパスワードを盗まれると作業中の様子がview resultの画面で閲覧可能になりますので、ご注意ください。

(2)通常のhttp通信によるSMILESの傍受を懸念される場合には、
https://kate.nies.go.jp
として、http プロトコルでなく httpsプロトコルを利用ください。httpsを選択すると、SSL(Secure Sockets Layer)暗号化通信と、サイバートラスト株式会社のサーバー認証を使用して、より安全性の高いログインが可能です。この際、SSL通信によって機密性は向上しますが、インターネット通信での完全な機密保持は不可能ですので、ご利用に当たっては御社の機密情報の管理規定に基づき判断してください。当方では、通信上の情報の遺漏に関して責任を負いません。

(3)複数の化合物を予測する「SMILESリストファイルからの入力」は、情報の遺漏に関する検証が不足しております。機密性を考慮する場合は、使用しないようお願い致します。

◆Q2.ログイン時に「セッションがタイムアウトになりました。再度ログインしてください。」のメッセージが出ます。

a. 以下の方法でログインを試みてください。
(1)PC上で立ち上げているブラウザをいったん全て閉じます。
(2)ブラウザを立ち上げ、直接http://kate.nies.go.jp/又はhttps://kate.nies.go.jp/にアクセスし、右上にある“login”をクリックします。
(3)ユーザ名とパスワードを入力して、“ログイン”をクリックします。

b. ブラウザでCookieをブロックする設定(例:インターネットエクスプローラーでプライバシーの設定を「高」)にした場合も「セッションがタイムアウトになりました。再度ログインしてください。」のメッセージが出る場合があります。この場合、Cookieを許可するよう設定してください。

◆Q3.予測結果(mg/L)の「e+2」や「e+4」等の意味を教えてください。

「e+2」と「e+4」はそれぞれ、10の2乗(=100)、10の4乗(=10000)を表します。例えば、「1.2e+2」は「1.2×100」すなわち、「120」を意味します。
なお、このような数値の記述方法を科学的表記法(scientific notation)と言います。

◆Q4.ログイン名、パスワードを忘れてしまいました。

お手数ですが、新しいログイン名で再登録をお願いします。管理者もユーザのパスワードを調べることは出来ません。

◆Q5.参考文献はありますか。

以下の論文(英語)や化審法セミナーのテキスト(日本語)をご参照下さい。
A. Furuhama, T. Toida, N. Nishikawa, Y. Aoki, Y. Yoshioka, and H. Shiraishi : Development of an ecotoxicity QSAR model for the KAshinhou Tool for Ecotoxicity(KATE)system, March 2009 version : SAR QSAR Environ. Res., Volume 21 Issue 5-6, 403(2010).
論文情報(論文ファイルへのアクセスが可能です)
http://dx.doi.org/10.1080/1062936X.2010.501815


A. Furuhama, K. Hasunuma, Y. Aoki, Y. Yoshioka and H. Shiraishi : Application of chemical reaction mechanistic domains to an ecotoxicity QSAR model, KAshinhou Tool for Ecotoxicity (KATE): SAR QSAR Environ. Res., Volume 22 Issue 5-6, 505(2011).